ico_imgインタビュー:三鷹インキュベース(東京都三鷹市)

日本のSOHO草分けの街・三鷹の持続的な創業・事業拡大支援施設 三鷹インキュベース

三鷹インキュベースエントランス
三鷹インキュベースのエントランス

三鷹市は、1997年から全国に先駆けて、ICTを活用した新しい働き方のひとつであるSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)に着目し、SOHO事業者の誘致と育成を継続している街です。

 

三鷹インキュベースは、そんな三鷹市の産業振興拠点施設・三鷹産業プラザに、2022年2月に開設された創業支援施設。ここでは、三鷹インキュベースをはじめとする(株)まちづくり三鷹のビジネス支援体制について紹介します。

● 駅からの適度な距離感で仕事モードへ切り替えやすい
吉田巳里子氏
(株)まちづくり三鷹 経営事業部
産業支援グループマネージャー・吉田巳里子氏
中居未穂子氏
(株)まちづくり三鷹 経営事業部 産業支援グループ・中居未穂子氏

三鷹インキュベースが入っている三鷹産業プラザ2期棟が完成したのは2003年。以降、SOHO事業者向けスペースやサービスの拡充、コワーキングスペースの運営などを通じて、多様な働き方の推進、交流やPRの場などを提供してきました。

 

「3階にはコワーキングスペースの『ミタカフェ』と、ワークラウンジ、プロジェクトルームなどを備えた『サテラ三鷹』があり、それぞれ月単位と1日単位のドロップイン利用が可能です。利用者は三鷹市在住・在勤などの条件はなく、三鷹、武蔵野周辺から多摩、埼玉など、幅広い地域の方に使っていただいています。利用者層は多様で、PCひとつで仕事ができるIT関連の個人事業主、自宅とオフィスの間のサテライトオフィスとして使う会社員、法人契約されている企業様など、さまざまな事業者様にお使いいただいています」((株)まちづくり三鷹 経営事業部 産業支援グループマネージャー・吉田巳里子氏)

 

「業種はWeb、編集、制作、広告、グラフィックなどクリエイター職が多くみられ、男性が約7割。年齢層は40~50代が中心です。三鷹産業プラザの場所はJR中央線・総武線三鷹駅から徒歩7分。駅前の喧騒から適度な距離感があるため、仕事モードへ切り替えやすいとの声をいただきます。また、駐車場、駐輪場を完備しており、少し遠方からでも来ていただきやすい施設だと思います」(同・中居未穂子氏)

● コロナ禍に対応して、より機能的なインキュベーション施設に再生
パーテーションで間仕切りしたブース
パーテーションで間仕切りしたブース4区画が用意されている
完全個室
完全個室のルームは8区画

三鷹産業プラザの地下1階にある三鷹インキュベースは、「2006年、地域コミュニティを基盤とした新しいビジネス育成のために開設された『コミュニティビジネスサロン』が“前身”でした。レンタルデスクやブースなどを設えて、多くの起業者を育成してきた実績があります」(吉田氏)

 

しかし、2020年春以降のコロナ禍による、テレワーク需要、Web会議の急増など働き方が大きく変わったことで、多くの利用者から、音声や通信環境の改善、感染対策のための空間の確保などを求める声があがりました。

 

「そこで、ビジネスを展開・成長できる場として、安定した通信環境の導入と合わせて完全個室のルーム8区画、パーテーションで間仕切りしたブース4区画、TELBOX、ミーティングルームなどを備えた施設にリニューアルし、三鷹インキュベースとして再スタートを切ったのです。クラウド受付システムで24時間365日出入り可能で、複合機や宅配BOXなどもお使いいただけます。今後もより一層の機能拡充を図ることで、起業者の掘り起こし、サポートを行っていこうと考えています」(吉田氏)

                                  

● 創業を目指す個人から既存企業まで無料経営相談で対応
浅川絢子氏
一般社団法人ビジネスシード 代表理事・浅川絢子氏

ハードだけでなくソフトのビジネス支援が充実していることも特徴です。複数のコーディネーターが、起業を検討している人から既に創業を果たした人まで幅広い方を対象に無料経営相談を実施しています。

 

コーディネーターの一人として無料経営相談の対応やセミナー講師として活動している、一般社団法人ビジネスシード 代表理事・浅川絢子氏に聞きました。

 

「予約制で今は、基本的にオンラインにてご相談にのっています。業種は、学習塾、カフェ、飲食、物販、整体、コンサルなど実に多彩。また、ご相談内容も『開業したいが何から手を付けていいか分からない』といった方から、『子育てや介護をしながらの働き方』を相談される女性、『ブランディング強化、販路開拓の方法を知りたい』など多岐にわたります。実は私も15年ほど前、起業を検討するひとりの女性として、ここで相談にのっていただきました。三鷹産業プラザに相談すれば、何らかのアドバイスやヒントをもらえる点は変わっていないと思います。(株)まちづくり三鷹では、長年、女性の起業創業や社会進出を支援しており、私への相談もおよそ8割は女性からになっています」(浅川氏)

● 東京立地のメリットとは~多様な価値観と支援制度が創業とビジネス拡充の可能性を広げる~
スタッフみなさん
取材させていただいた皆さん

「多様な価値観が集まり、寛容な環境であることが東京の魅力だと思います。どんなに突拍子もないビジネスプランでも『それアリだよね』『こうしたらもっと良くなるよ』など誰かが受け入れてくれたり、アドバイスをしてくれたりする土壌があります。やり遂げたいという意思さえあれば、実現のチャンスがある場所ではないでしょうか」(浅川氏)

 

「創業を支援する各種の制度が充実していることが挙げられると思います。例えば、創業サポート事業、東京都の各種融資制度、創業助成金、当社のようなハード、ソフトにわたる相談場所…起業→支援→軌道に乗るまでの伴走がワンストップで行われる環境があることは大きな魅力でしょう。また、東京ならではの産業、人口、経済活動の集積は、ビジネス拡大のチャンスにつながります。都心部と多摩地域のほぼ中間に位置し、東京の魅力がうまく融合している三鷹から、新たなプレイヤーを生み出せるよう、きめ細かい支援を続けていきます」(吉田氏)

取材日:2022年(令和4年)8月5日(取材時は、説明者は説明時のみマスクを外し、取材スタッフはマスク着用しております。)

【施設概要】
  • 施設名:三鷹インキュベース
  • 住所:東京都三鷹市下連雀3-38-4
    三鷹産業プラザ地下1階
  • 運営:株式会社まちづくり三鷹
  • 設立:2022年(注:三鷹産業プラザは、2001年に1期棟、2003年に2期棟竣工)
  • 支援内容:創業、事業拡大を目指す事業者のための創業支援施設
  • ホームページ:https://mbase.mitaka.ne.jp/
                            
ページTOPへ