狛江市の振興施策
更新日:2021年3月24日
狛江市の概要

 狛江市は、副都心新宿から南へ約14km圏内に位置する、人口約8万人の都市です。

 東は世田谷区、西及び北は調布市、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市にそれぞれ接しています。

 面積は6.39㎢で、埼玉県蕨市に次ぎ、全国で2番目に小さな市です。地形はほとんど平坦ですが、やや西高東低、北側台地から南側多摩川沿岸低地にかけてわずかに傾斜しているため、日照、通風、採光、排水などの面で健康的な居住環境にあり、ベッドタウンとして発展してきました。

● 交通

 市内には小田急線が走っており、狛江駅、和泉多摩川駅から新宿駅までは、約20分でアクセスできます。さらに、途中の代々木上原駅では同じホームで東京メトロ千代田線に乗り換えができ、表参道駅や大手町駅などへも行けます。また、下り方面には、箱根や江の島、丹沢などの海や山の観光地があります。

 都心はもちろんのこと、観光地へも気軽にアクセスできる交通利便性を有しています。

● 水と緑のまちなみ

 市内には多摩川が流れ、自然豊かな公園が点在するなど、水と緑による憩いと集いの場が多くあります。川のほとりでは、野草や野鳥が数多く見られ、四季折々の自然豊かな光景が広がり、また、ジョギングコース、サイクリングコースとして広く親しまれています。多摩川のほとりに立つ五本松は、多摩川50景、新東京百景にも選ばれています。都心の近くに位置しながら、水と緑の安らぎのあるまちです。

● 文化・芸術振興

 狛江市は、文化・芸術活動への意識が高く、市民に親しまれる音楽と絵手紙の活動が活発です。市内では絵手紙愛好家が多く活動し、絵手紙が駅構内や商店、市内を走るバスなど市内各所に飾られ、狛江のまちを彩っています。また、「音楽の街ー狛江」として、狛江駅前での野外ライブや、市役所でのコンサートを行い、プロのアーティストや公募アーティストの演奏など、誰でも気軽に音楽に参加できる環境づくりを推進しています。

● 狛江逸品

 狛江市では、市内の元気で頑張るお店を支援するため、「わくわく元気!狛江逸品コンテスト」を開催してきました。これまでに、スイーツ、ラーメン、ランチなどのテーマで開催し、珠玉の逸品が選ばれています。

● 狛江ブランド農作物

 狛江ブランド農作物は、GAP(農業生産工程管理)手法の導入により、「統一したチェックリスト」を使い、各生産工程において、項目を1つ1つしっかりと確認・管理しているため、安心・安全でおいしいことが特徴です。平成26年6月15日から「狛江ブランド野菜」として出荷を始め、都内初のGAPへの取組み「狛江ブランド野菜」で、フード・アクション・ニッポンアワード2015食文化・普及啓発部門に入賞しました。平成30年4月1日からは、新たに「狛江ブランド農産物」として名称が変わりました。

狛江駅前
野川
街中の絵手紙
ブランド農産物
起業・創業支援
● 狛江市中小企業者事業資金融資(創業資金)

市内で創業をして一年未満の方や市内での創業予定している方を対象に、融資利率の約4分の3を補助(利子補給)するとともに、信用保証料の全額補助を実施。

● 創業セミナー・スクール

セミナーでは先輩創業者を講師に招き、創業に役立つ情報をお伝えします。スクールでは創業支援の実績豊富な講師が創業に必要な知識をお伝えします。

● シェアキッチンの利用料等の優遇

創業スクールの修了者に対し、一定の条件を満たした場合に、シェアキッチンの初月利用料を優遇しています。

金融支援
● 狛江市中小企業者事業資金融資(運転資金、設備資金、研究開発資金)

融資利率及び信用保証料の一部を補助(研究開発資金は全額補助)。

その他
● 広域連携による多摩振興に向けた取組

多摩川流域自治体が広域的に連携することで、企業の投資促進や企業誘致など、まちの活力を高める地域振興に取り組んでいます。

≪お問い合わせ≫

事業内容につきましては、リンク先の各自治体担当部署へお問合わせください。

ページトップへ